HOME   漢方薬・健康四柱推命お店案内会社概要問い合わせ

 薬や健康について

“健康”と“薬”と“漢方”に興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。
こちらでは薬や健康な体を保つための情報をご紹介したいと思います。
自分の健康は自分で守る!という意識の高い方はぜひご参考下さい。
健全な体に健全な精神が宿ります。人生のお悩み解決のお手伝いも致します。
健康相談のことなら香川県高松市、漢方の「漢方薬局・元気通り」におまかせください。

 健康の情報

2012年5月 「年寄りの冷や水」の水は隅田川の水?

東京スカイツリーが開業しました。
そのスカイツリーのそばを流れるのが隅田川です。
インターネットでは、江戸時代にこの隅田川の不衛生な水を飲むことが「年寄りの冷や水」との情報が多く見受けられます。

この「冷や水」の隅田川説は、2002年当時の東京都水道局のホームページに掲載されていたようです。また、2007年5月には、某放送局の健康情報番組でもこの説が紹介されています。しかし、リニューアルされた現在の東京都水道局のホームページではこの記述は確認できず、この情報の出展元は見つけることは出来ませんでした。

ちなみに、信頼できる情報として、年寄(としより)の冷水(ひやみず)」に関しては『岩波ことわざ辞典』(2000年)の著者、時田昌瑞氏は、
『岩波いろはカルタ辞典』(2004年)の中で、原意については年寄が冷水を飲むことだか、昭和40年代に「冷水」を水浴びすることと解釈し始めたと述べています。また「故事ことわざ辞典」では「年寄りが強がって冷たい水を浴びたり飲んだりしたりして無理をすること。自分の年齢も考えず無茶をすることは健康に良くないことから、それを自虐的に言ったり周りがたしなめたりするときに使う」ことだそうです。

「年寄りの冷や水」はことわざとして、江戸いろはかるたでも登場し、直木賞作家で「いろはかるた研究家」でもある森田誠吾氏と滴翠美術館副館長(当時)山口格太郎氏、作家の村井省三氏が中心に構成した、平凡社の1974年11月25日発行の「別冊太陽第9号 いろはかるた」12ページの「と」の項で、東「としよりの ひやみづ」の「ひや水」は、飲料水の水質の良くなかった江戸では数少ない良質の井戸水として、年寄りが水を買って飲んでいる古い「いろはかるた」の図案と共に紹介されています。

漢方の本場中国では、年寄りで無くても冷たい物は万病の元と考えられており、決して冷たい物を食べませんでした。(最近の経済発達や、日本のコンビニ文化の進出により若者は冷食をするようになって来ている様です。)特に漢方の中医師は、温かくない普通の弁当でさえ口にしない程です。

どちらにせよ、1970年代の日本人の常識にも「冷たい水」は体に良くないとの認識があったことは間違いありません。

1970年当時と比べ、圧倒的に増えている病気「アレルギー性鼻炎」「アトピー性皮膚炎」「癌」「不妊」その他…は、漢方的には、「冷食、冷飲」がその大きな原因と認識されています。

皆さんも、今一度食生活の最も重要な所を見直してみませんか?



2011年8月 熱中症の予防は冷たい水?

今年も、熱中症に沢山の方が罹っています。

一部専門家や某放送局では、深部体温を下げたいためか、予防で盛んに冷たい水を取れとの情報を流しています。
しかし、体の弱い方が予防のつもりで冷たい水を摂り過ぎることは大変に危険です。
少しの量なら良いのですが、続けて冷たい水、とくに井戸水より冷たい水を継続的に取り続けることは、その人の内臓の血流を悪くし、内臓の熱を逃がしにくくさせるだけでなく、代謝をおとし、エネルギーを奪います。
結果、体力を落とし外からの強い暑熱に負けて逆に熱中症に罹りやすくなります。
昔の人も「年寄りの冷や水」(この水は井戸水の温度の水を指します。)ということわざで戒めています。

基本的に熱中症に罹りやすい方は、体質的に深部体温の低い(血流が悪く代謝が良くない)お年寄りです。(重症の熱中症や熱射病発症時には深部体温も高くなりますが、普段は低いと考えられます)
また、漢方的には稚陰稚陽で体温調節の未熟な、深部体温が外気の影響を受けやすい子供に多いようです。(この場合は深部体温が上がりやすく、漢方的には陰虚状態になり重症化しやすいと思われます)

体温調整のうまく出来ない幼児を除き、冷たい水は、熱射病や熱中症になった場合以外はさけましょう。

日本より気象条件が、はるかに過酷な中東やインド、中国で暑い中、暑いお茶を飲んでいますが熱中症になりやすいことはありません。
昔から行われている知恵を無視し一部の現象を誇大に拡大して解釈することは本当の科学ではありません。
科学というものは、一見合理的で間違いが無いように思えますが、原発事故の例を見るように根本的な間違いを犯していることが多々あります。
人間の体は我々が考えているほど単純ではなく大変精巧に出来ており、自然の理に適ったものだと思います。


2010年7月 熱中症の予防について。(日(熱)射病をのぞく)

今年の夏は、大変暑く熱中症で沢山の方が亡くなられています。
熱中症にかかられた方をみると、熱中症になり始めの症状は漢方的には、「陽虚」のような症状を起こしている方が多く見られます。
「陽虚」すなわち体の温かさが足らないと言う事です。
「エー!体温がこんなに高くなるのに冷えている?」これはどういうことなのでしょうか?

人間は、暑くなると体表に血液が集まり皮毛を開いて、汗をかき体温を冷やそうとします。この状態が極端に進むと内臓は虚血状態になり結果、内臓の深部は冷えている状態と同じようになってしまうと考えられます。(夏ばても似たような状態です。)
これにより体の抵抗力が落ちて、体温などの調整力が無くなっている所に、外からの体を傷つける暑さ(暑邪)が入り込み、内部の体温を異常に上げて臓器を痛め熱中症になると考えられます。

この様な状態を防ぐためには、普段は「内部は温める。外は適度に冷やす。」ということが大切です。

普段から、内部を温めるには
1. 冷たい食べ物はあまりとらない。水分補給は、出来るだけ体温以上のお茶や  体を温める塩分とミネラルを含んだ水分をこまめにとる。(味噌汁や、普段は血圧に良くないといわれる温かいうどんやラーメンの汁も適量だと良いと思います)
2. 冷たい冷麦などは、内臓を温める生姜やネギを加えて食べる。
3. お風呂に入って、半身浴をする。(夏場シャワーだけの方がいますが、体の中まで温まりません。体の内部を温め体表に偏っている血液を内臓に戻すことが大切です。)

夏場は半身浴をはじめやすい季節です、38度〜39度位のお湯で、おへそ位の高さまでつかり、疲れない程度に汗が出るまで行いましょう。美肌効果もあります。

漢方を利用すれば、更に体内を温め、夏ばてなども防ぐことができます。

熱中症になりやすい方は、お年寄りと子供です。
お年寄りは、普段から陽気の足らない状態の方が多く、冷房が嫌いで、昼間でも咽喉があまり乾かず水分を欲しがらない状態にあります。また、子供は、漢方で言う「稚陰稚陽」(陰も陽も幼い)で、短時間に極端な陽虚や陰虚の状態になります。

水分摂取の時、特に注意して頂きたいのが、冷たい水のがぶ飲みです。
元々、体内の陽気不足の方や、陽気の幼い方が極端に冷たい水分を一度に沢山とると、逆に熱中症を起こしやすくなる可能性があります。

中国三大火釜(重慶・武漢・南京)やインドなどは日中の気温が40度を軽く越えます。そこで食べられている食事を参考にすると良いでしょう。


2009年5月 新型インフルエンザ対策について。

新型インフルエンザが騒がれています。
幸いなことに、毒性が弱く「鳥型新型インフルエンザ」の様に恐れる必要は無いと思いますが、発生する可能性のある「鳥型強毒性新型インフルエンザ」の予行演習的準備には良い機会かと思います。
新型インフルエンザから身を守るのに必要なことは、マスコミでもよく言われているように、マスク、うがい、手洗い(顔洗いも)ですが、最も重要なことは、免疫を下げないことです。新型インフルエンザは何億人もの人が罹ると言われていますが、裏をかえせば罹らない人も何億人もいることを忘れてはいけません。
漢方では、人間が病気に罹らず元気に過ごすには「陰陽の調和」が最も大切だと考えられています。つまり「陰陽の調和」がとれていると免疫が下がらないのです。
では、「陰陽の調和をとる」とはどのようなことでしょうか。
地球には、太陽が存在することにより地球の自転が作り出す昼と夜があります。そして、地球の公転により季節が作り出されます。自転で作り出される昼は「陽」で夜は「陰」です。これが1日の陰と陽です。そして公転が作り出す春夏が「陽」で秋冬が「陰」となり一年の陰陽となります。人類はこの周期(リズム)のなかで誕生し発展してきました。人間は地球上の生命体である限りこのリズムを無視して生命を維持することは出来ません。このリズムを調和させる事が「陰陽の調和」の最も基礎となるものです。昔の人は、これを直感的に理解していました。貧しい食事で病気にならないためにはとても重要な事でした。
1日の陰陽の調和をとり免疫を落とさず健康に過ごすには、朝は太陽と共に活動を開始し、太陽が沈むと共に休息モードに入って行き、夜はしっかり眠ると言うことです。(食事についての陰陽は、また機会があればお話します。)
体力と免疫力は別物です。(スポーツ選手は意外とウイルスに罹患しやすく風邪をひき易い)インフルエンザに罹らないようにするのも自然の理に逆らわず、疲れを翌日に残さないことが最も大切な事となります。
では、現代人はどうでしょうか?
自らの欲望のために昼夜を無視した生活と食事をする。(医療、防災、防犯関係者の方は、仕事上やらされてお気の毒です。)季節を無視した生活と食事をする。それでも生きていけるのは昔に比べ飛躍的に食生活が豊かになったからです。でも、いくら食生活が豊かになっても、これだけ「陰陽の調和」を無視すれば病気になるもの当たり前です。
「足るを知る」。
現代人が病気に罹らないためにも、また現在の世界的不況を繰り返さないためにも、この事が最も大切なのではないかと思います。

なお、漢方薬の「麻黄湯」「葛根湯」の有効性が示されていますが、使い方に注意が必要です。(特に夏場)
ご存じない方が、使用すべきで無い時に使用して、小柴胡湯の二の舞にならないよう切に願うものです。


2008年5月 食事の基本。

人間の体は長い歴史の中で、本来食べていた物に体が対応しています。
例えば欧米人は肉食中心で、パン、乳製品を沢山取るため、腸が日本人より1メートルも短く、腐りやすいたんぱく質を早く排泄出来るようになっています。香辛料を多量に使うのは、この腐りやすい、たんぱく質を早く消化させるためです。
対して、日本人は、お米と野菜、魚を中心とした食事をしていました。繊維質を多く取るため、繊維はなかなか消化出来ないので、腸が長くなったわけです。
ですから、日本人が欧米型の食事をすると、お腹の中で食物が腐りやすくなり、大腸ガンなども増えています。欧米では、「日本の食事は非常に良い」と食生活に取り入れているのに、日本人は、欧米型の食事を中心にする方が多く、逆に病気になりやすくなってきています。
「ご飯と味噌汁」という食事は日本人の基本。味噌、発酵した大豆は体に非常によく、酵素の補給や植物性たんぱく質としても栄養があり、女性ホルモンの代わりもして骨粗しょう症予防に大変良いことも分かっています。
欧米型の食事で、体格が良くなっても、病気に弱く、アレルギーや癌の人が増え、体内発生ガスで体臭が臭い人が増えるのでは本末転倒です。日本人は日本食中心で、そこに適度のたんぱく質が入るのが最もバランスが良いと思います。


2007年9月   健康に過ごすの為の検査について


現代の検査は一昔前に比べ、飛躍的に進歩しています。
人間のあらゆる部分やあらゆる病気がわかるようになりました。
検査の進歩は機械の進歩でもあります。機械は人間が一から作り出したものです。それゆえ、その構造やメカニズムはすべて人間が把握しています。それゆえ、研究すればするほど機械は飛躍的に進歩するのです。それゆえ、いままでわからなかった、病気やその兆候が把握できるようになりました。
ところが、検査により判明した病気が治せない場合が増えてきています。
これは、なぜでしょう?
人間は機械ではありません。残念ながら完全な人造人間も作られていません。
人間には、まだわからないことが多すぎるのです。
現代医療も機械が有効な部分での治療(手術や放射線など)は飛躍的に進歩しました。しかし、薬物療法はどうでしょう。
現代の薬品は、全てが解明されている機械と違って、開発はあくまで、100%完全ではない解明されている事に、推論を積み重ねてゆく方法しかありません。つまり、手探りの状態に近いのです。
検査機器の発達に、治療法が追いつかないのが現状ではないでしょうか。
検査によりわかった病気の治療法がない場合、はたして検査したことが本当にその人の為になるのかどうか、これは非常に疑問です。
漢方の古書に、「全ての病気は意識、無意識のストレスにより起こる。」と書かれています。
某新聞のコラムに、ある精神科の大家が体調の悪くなり弟子に病院に検査を受けに行くよう進められたそうです。そのとき大家の先生は「なに、ほおっておけば、いつか治るさ。」と言って行かなかったそうです。ところが、一向に体調は良くならず、やがて歩くのもまま無くなってきたそうです。弟子が見かねて今度こそ病院に行ってくださいとお願いすると、大家先生は「なに、ほおっておけば、いつか死ぬさ。」と答えたそうです。この大家の先生を愚な人と見るか、すごい人と見るか、皆さんは、どう考えられるでしょうか。


2006年   O−157について

つい最近O-157が、また新聞をにぎわしました。感染経路の特定に注目が集まっていましたが、医療関係者の間では、外部と完全に遮断しない限り菌の感染を防ぐ完全な方法など実際にはないのが常識です。問題なのはO-157に感染したことよりも、O-157に支配されてしまった腸内環境や免疫力の低下のほうが問題なのです。実際、過去のO-157で重症になった人と軽症ですんだ人の差は腸内環境の良し悪しに非常に影響されたと言われています。(最も重症になった人は下痢しているので止瀉薬で下痢を止めた方です{下痢は免疫反応の一つ}死亡した人も一番多かった。)O-157は感染力が強いのですが、抗生物質の効かないMRSAなどと同じで免疫力のある人が感染しても発病しませんし、症状が出ても非常に軽い場合がほとんどです。免疫の弱った人や腸内環境の悪い人が死に至ったわけです。抗菌グッズが流行ったりしたことがありますが、菌を殺すことよりも菌に負けない体になることの方がずっと大切なのです。(実際、抗菌グッズはNGO団体の「食と暮らしの安全基金」の出版物でも安全性の確認されていない物として使用しない方がよいとされています。)消毒や抗菌剤で菌を殺す。確かに一時的にはよいのですが、微生物は進化します。現在、インフルエンザの特効薬であるタミフルにも耐性ウイルスが出て来ているのですが、日本で全世界の使用量の80%を消費していますので、(耐性菌出現は使用量に比例する)非常に心配です。(これは、数年まえインフルエンザにかかった人に死者が多くでた事による、インフルエンザ恐怖症もあるかと思うのですが、その死因のほとんどは、解熱剤の不適切使用による脳炎であり、インフルエンザ自身が原因のものは非常に少なかったと言われています。)また、副作用の問題も出てきているようです。
悪いものが出てきたら、それを徹底的にたたき殺す。これは西洋的考えで、西洋医学の主流にもなっているのですが、この方法は耐性菌発生などの原理を見てもすでに限界が見えているのです。(イラク戦争におけるテロも同じです。)どんな微生物(細菌など)とも共に生きる。ガン細胞があっても、死なない程度に共存する。今必要とされていることは、たたく、殺す、せん滅する治療ではなく協調と調和とバランスの治療すなわち東洋医学的考え方が必要とされて来ていると思います。消毒の徹底や菌を殺すことに重きを置くのではなく(逆に消毒剤の毒性や環境汚染が心配)、菌に負けない免疫力、抵抗力のある元気な体づくりをすることが大切なのではないでしょうか。