HOME   漢方薬・健康四柱推命お店案内会社概要問い合わせ

 

自然薬や健康食品の学術論文

“漢方”と“健康”に興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。
こちらでは漢方と併用されることの多い自然薬や健康食品についての学術論文を掲載しています。
健全な体に健全な精神が宿ります。人生のお悩み解決のお手伝いも致します。
陰陽五行推命に基ずく健康相談も香川県高松市、漢方の「漢方薬局・元気通り」におまかせください。

 自然薬や健康食品の学術論文について

現在、日本には沢山の健康維持のための健康食品や医薬品が存在しています。
その中でも一般に公開されている研究発表学術論文が最も多いものが「熟成ニンニク抽出液(aged garlic extract=AGE)」です。
以下に、その一部を抜粋します。

【1】
Effect of garlic and garlic preparations on physiological and psychological stress in mice.Ushijima,M.et al.Phytother.Res 11:226−230
(マウスでの生理的及び心理的ストレス下のニンニクとニンニク製剤の効果)

要約
生ニンニクジュース、加熱処理ニンニクエキス、乾燥ニンニク末及び熟成ニンニク抽出液(AGE)といった様々をニンニク製剤の生理的及び心理的ストレスに対する効果が、マウスにおける強制水泳負荷、トレッドミル強制走行負荷、拘束ストレス負荷、冷水負荷回復試験の4種の試験方法により研究されている。
生ニンニクジュースは強制水泳負荷試験では低用量投与においてのみ有効性を示し、高用量投与では反対に低下させた。加熱処理ニンニクエキス及び加工ニンニク末は抗ストレス作用を示さなかった。−方、AGEでは全てのストレス試験において有効性を示した。

【2】
Dietary Supplementation with Aged Garlic Extract Reduces Plasma and Urine Concentrations of 8−Iso−Prostaglandin F2αin Smoking and Nonsmoking Menand Women.Dillon,S.A.et al.J.Nutr.132,168−171,2002.
(熟成ニンニク抽出液の摂取は喫煙の有無と男女の性差に問わらず血漿中と尿中の8‐イソ‐プロスタグランジンF2αの濃厚を下げる)

要約
血祭中および尿中のF2-isoprostane量は、生体の酸化ストレスに関する高感度で特異的な指標である。ニンニク成分のいくつかは抗酸化能を持っていることが知られていることから、熟成ニンニク抽出液摂取が血漿中および尿中の8-iso-PGF2αの濃度に与える影響を調べた。喫煙は酸化ストレスを増加させるとされているので、この研究は喫煙者と非喫煙者の両方について行われた。結果を被験者の年齢と性別を揃えて見てみると、喫煙者の血漿中および尿中の8-iso-PGF2α濃度は非喫煙者よりそれぞれ58%および85%高かった。AGEの14日間摂取により非喫煙者の血祭中および尿中の8-iso-PGF2α濃度はそれぞれ29%および37%減少し、喫煙者でも35%および48%減少した。AGE摂取停止14日後の血渠中および尿中の8-iso-PGF2α濃度は、それぞれAGE摂取前の値と違いはなかった。このように、AGEの摂取は人の酸化ストレスの低下のために有用と思われる。


100以上あります。随意時追加します。