HOME   漢方薬・健康四柱推命お店案内会社概要問い合わせ

 薬や健康について

“健康”と“薬”と“漢方”に興味のある方は、ぜひ、ご覧ください。
こちらでは薬や健康な体を保つための情報をご紹介したいと思います。
自分の健康は自分で守る!という意識の高い方はぜひご参考下さい。
健全な体に健全な精神が宿ります。人生のお悩み解決のお手伝いも致します。
健康相談のことなら香川県高松市、漢方の

「漢方薬局・元気通り」におまかせください。

薬や健康の情報


2007年4月4日 タミフル騒動について

タミフルの服用による異常行動が問題となりました。
この副作用は、真剣に医療を考える医師や薬剤師を中心とした非営利のNGO団体である、「医薬品・治療研究会」では平成17年の2月の時点で指摘されていました。しかし、いつもの事ながら指導機関は、多数の被害が出た後の2年後の平成19年の3月末になってやっと現実的対応をとり始めます。
なぜ、このように対応がいつも後手に回るのでしょうか?
これについては、知り合いの薬剤師によると、以下の書物をお読みになられると理由が見えてくるそうです。

「薬害はなぜなくならないか」  浜六郎著  日本評論社

「怖くて飲めない! 薬を売るために病気はつくられる」
                  レイ・モイニハン、アラン・カッセルズ共著 吉川奈々子訳  ヴィレッジブックス

営利団体が薬を開発する必要がある限り、この問題の解決は難しいと思います。
では、私達はどのようにすれば良いのでしょうか。
最も簡単で効果的なのが、冒頭に触れたNGO団体に協力する事でしょう。医薬品の関係なら、上記の「医薬品・治療研究会」や「医薬ビジランスセンター」などに協力する事が大切だと思います。日本では、これらの組織に協力する人々が、少なすぎると思います。(諸外国では、このような団体の協力者は数十倍多く、日本人の危機管理、危機意識の低さ、和を重んじる性格をよく示しているといえます。)
日本人の和を重んじる性格も良い面もあれば悪い面もあります。問題はバランスであり、タミフルの問題や他の薬害の問題は、このバランスの崩れがある事の証明であり、私たちは、ある程度意識を変える必要があるのではないかと思います。
ところで、営利団体がつくらない薬があるのでしょうか。
漢方は、製造は営利団体でも、処方を開発したのは漢方医や薬剤師の先人達です。当然そこには、妙な歪みが生じることはありません。(生じているとすれば、使う側、売る側の問題です。)
漢方がどれほど効果があるかは、SARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群)で漢方を最初から使用した患者には一人の死者も出なかったという事実もあります。実際、通常のインフルエンザでも、うまく使えば、タミフルよりはるかに効くことがわかっています。(一部、医療者向け情報に、適応もある麻黄湯が良いと言う情報があるようですが、使い方を間違えると・・・・。適応は関係ありません。注意して下さい。)
ただ、漢方は使い手の使い方により、たいへん効き目に差がでる薬である事と、病気の進行過程で、どんどん薬を変えていかなくてはならないため(××病気に、○○の漢方が効くと言うのは本当はありません。)エビデンス(根拠=科学的根拠)を証明するのが非常に困難なのです。
本来、通常のインフルエンザは、風邪の延長上にある病気なので(脳炎については、「熱さまし(解熱鎮痛薬)」も絡んでいますので「医薬品・治療研究会」や「医薬ビジランスセンター」の書物をご参考下さい。)ゆっくり休養して、症状の緩和に漢方を使う事が、現在では最も良い方法だと思います。

 

 

医薬品による重篤な皮膚障害、2年間に905件発生(うち死亡95件)                                 2005年10月31日 メディウエーブ

厚生労働省が10月27日にまとめた医薬品・医療用具等安全性情報によると、医薬品による重篤な皮膚障害が2年間で905件発生していることが分かった。このうち一般用医薬品が原因と考えられる報告は61件に上がっており、医療用医薬品同様に注意が必要になっている。
医薬品による皮膚障害については、重篤なものとして、スティーブンス・ジョンソン症候群(SJS:Stevens-Johonson syndrome)、中毒性表皮壊死症(TEN:toxic epidermal necrolysis)がある。今回まとまったのは、2003年10月27日から2005年9月30日までのSJSまたはTENの副作用報告例。
副作用報告905件の転帰をみると、回復または軽快が535件(59.1%)、未回復が56件(6.2%)、後遺症ありが36件(4.0%)、死亡が95件(10.5%)、転帰不明などが183件(20.2%)だった。
今回の報告をもとに厚生労働省は、「医薬品投与後に高熱を伴う発疹などを認めたときは、被疑薬の投与を中止し、SJSやTENの発症を疑った場合には速やかに皮膚科の専門医へ紹介することが重要」と強調している。
報告の多い推定原因医薬品(薬効別分類)
 薬効分類名        件数
1・抗生物質製剤      160件
2・解熱鎮痛剤       135件
3・抗てんかん剤       86件
4・総合感冒薬        57件
5・合成抗菌剤        40件
6・痛風治療薬        37件
7・消化性潰瘍薬       34件
 うち一般用医薬費品
1.総合感冒薬        36件
2.解熱鎮痛剤(痛み止め)  15件
3.鼻炎薬            2件
4.漢方製剤           2件
              20005年10月31日 メディウェーブより抜粋

コメント
「高熱を伴う発疹」とありますが、知り合いの薬局であった事例では目の違和感と充血ぐらいしか初期症状がなかったものもあります。薬は基本的には毒物です。解熱鎮痛剤や風邪薬は本来飲まなくてもよいものなので、滋養強壮剤や冷えを取るもの、血液の流れを良くするもので症状の原因を改善したほうがよいかと思います。


食の情報


健康食品について

最近、ちまたにあふれる健康食品。特定保険用食品なども加わって、もっとも景気の良い業界に成っています。新規に参入するメーカーも後がたたず、玉石混在しているというのが現状です。つい最近も某メーカーの約240億を売り上げる商品が景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして排除命令が下りました。このような事は氷山の一角で、専門家の間では健康食品の80パーセントが偽物であるというのが半ば常識となっています。健康食品に使われる原料はそのほとんどは天然物を使用する場合が多いのですが、農作物や天然物の収穫量は、有限でしかも収穫量は急には上がりません。栽培に適した土地なども限られ、気候などにも左右され、ブームになるような商品、また大量に販売されている商品はその原料自身の信頼性も疑わしい時が、往々にしてあります。(なお、良い原料の確保は、その健康食品を最初に開発したところが最も有利なようです。メーカー名の有名、無名は関係ありません。)マスコミの宣伝も巧妙になっており、インターネットにも大量の情報が流れ、本当は何が自分に必要なのか迷われている方がほとんどです。そして、良い商品であっても御自身の体にあまり合わない物を取られている方も多いようです。
そこで、げんき通りでは複雑で一般の方にはわかり難い、健康食品について無料の相談コーナを設けました。
専門の薬剤師がお答えします。
メールアドレスは info@phgenki.jp です。
なお、無料ですので、専門薬剤師が多忙の時はお返事が遅れる場合がありますのでご了承下さい。


食用牛肉について

牛肉で気になることはやはり狂牛病。狂牛病は元々、羊の肉骨粉(注意!!牛骨粉ではありません!! 結構勉強している医師や薬剤師でも混同している人が多い。牛骨粉は天然カルシウム剤として使用します。)を牛の成長を早くさせるため食べさせる事により、発生したと考えられています。この肉骨粉は羊の脳を含む全身をそのまま粉砕し肉球としたもので、この中のスクレイピー病に罹っていた羊の脳が含まれた肥料(肉骨粉)を食べた牛に発生したのですが、最新の情報によるとヤコブ病の人の死体がこの肥料に混入していたとの説も出てきました。(インドやパキスタンではヒンズー教徒は川に遺体を流す風習があり、また農民は川などから哺乳類の死体や骨を集め、それを肥料原料として売ることで副収入を得てきました。その中にはかなりの量の人の遺体も含まれていたとの報告もあり、この肥料原料は該当する期間にイギリスに大量に輸出されていました。これが混入した。)また、ヨーロッパでは、羊の頭を食べる習慣もあり、ハンバーグなどにも混入していたため多数の人が感染したと考えられています。肉のみを食べる場合は、まず感染することはないと言われています。そのような意味では輸入牛肉も狂牛病の心配は、ほとんどないのですが、アメリカ牛はやわらかい肉が沢山付くよう合成ホルモン剤が使用されています。合成ホルモンは代謝が遅く、肉に残留する可能性が高くなります。以前合成女性ホルモンを与えられた牛を食べた子供に異常が出たことがあります。(1980年代に、北イタリアで4歳の男児の乳房が大きくなったり、体毛が生えたり、3歳の女児に初潮が始まるなどの奇病が発生した。) このころから比べるとホルモン剤は改良されていますが、ヨーロッパでは使用と輸入禁止を続けています。日本でも国内牛には使用禁止なのですが、なぜか輸入は許可されています。
ところで、国内産牛肉も危ないと言う説があります。これは、牛自身に問題があるのではなく、牛を処理する方法が狂牛病を防ぐ観点から見て非常に危険な方法であると言うことです。
つまり日本では牛を殺すのに、ピッシング(脊髄破壊)と言う方法が取られる場合が多く、この方法は、狂牛病の病原体が集積する可能性の高い脊髄などを除去する前にこれを破壊するため、かりに病原体が存在した場合それが脳、脊髄に走る毛細血管の中に入り、体中を汚染してしまうと言うものです。
改善できる所は早く改善してもらいたいものです。