漢方について

  • HOME
  • 漢方について
漢方について

漢方とは何か、これについては、ここではあまり詳しくは申しません。(漢方と言う言葉は、日本で江戸時代、ヨーロッパ医学を蘭方と指すことに対して作られた造語で、狭義には伝統中国医学が日本で変化した、日本独自の医学を指す場合があります。)

ただ、元来漢方は古代中国の先人たちが、直感と長い間の経験と伝承を中国哲学に基づき理論を構築した、中国経験医学であるということです。そのため漢方の正確な運用には易経に端を発する陰陽五行理論の理解が欠かせないものとなります。漢方が理解しにくいのは、この、ある意味では哲学的な思考が必要とされる分野であるからです。

 

漢方について

対して、現代医薬品はまず理論の仮定があり、実験をし、それにより作られた物です。理屈とデーターありきで始まるのが現代医学です。また、創薬するのは営利団体です。そのため、ある意味ひずみが生じる場合も多々あります。

人間に対しても、全体を診て考える漢方に対して部分を診るのが現代医学です。この部分を診るという行為は人間の体に謎の部分がある限り、どうしても超えられない壁が出てくることになります。また、原因不明とされる病気が多く存在することになります。(しかし、これはあと数百年も経てば、すべての謎が解けるかもしれません。)また、どのように理論が立派で、服用して一時的に効いても、治らないのでは、副作用ばかりが目立つようでは意味がありません。

漢方について

漢方には人間の生きるという根幹に働きかけ、自然治癒力を高める作用があります。漢方の副作用は、本当は特殊なアレルギーをお持ちの方以外で出ることはありません。(現在報告されている副作用のほとんどは、老中医によると、処方を出す方の技量の未熟さから来たものだそうです。)

ある高名な老中医は、「漢方は頭の良い方しか、服用を継続することはできない」と言ったそうです。これは、自分がその漢方薬を、なぜ服用することが必要になったのか理解できないと継続することが難しいからです。(運命を切り開ける方も同じです。自分を本当に理解できない限り、決して運命を変えることはできません。)病気は自分で治すもの、(運命も自分の力で良い方向に導くもの)とお考えの方は、きちんと知識と技量の持った施術者の指導を受けながら、是非漢方を使われることをおすすめします。

★漢方薬ご希望の方

★漢方薬ご希望の方

*不妊 *ひざ痛、腰痛、関節痛、五十肩、慢性頭痛、その他痛み 

*アトピー、鼻炎、その他アレルギー *肝臓、腎臓、胃腸、各臓器の疾患 

*生活習慣病、慢性病、癌 などの漢方療法相談受け付けております。 1週間分よりお出しします。費用は3,500円~8,000円程度です。
自覚症状の改善は、症状の状態、病歴にもよりますが、基本的には15日、遅くて1ヶ月です。ご希望の方は「漢方弁証」と「四柱推命(命理学)」の結合「命証合診」も承っています。
完全予約制です。ご予約ください。

※また遠方でご来店できない方は、下記の問診表を男性は問診票1~4の4部を、女性は問診表5「女性相談」を含めた5部すべてを印刷して自筆でご記入いただき、(問診表5は、分かる範囲の記入でかまいません)、3,000円同封の上、現金書留にてお送りください。あと、舌診のため「ベー」と舌を出して、その舌を撮った写真を同封ください。(できれば、舌の裏側の写真や1分間の脈拍数などあればさらによいです。)
お客様に合った漢方薬と養生法をお選びし、お知らせいたします。
陰陽五行四柱推命的解説もご希望の方は、生年月日と出生時間と出生場所もお知らせください。

問診票

問診票1

問診票1

問診票2

問診票2

問診票3

問診票3

問診票4

問診票4

問診票5

問診票5

PDFファイルの情報を閲覧するためにAdobe Readerのインストールが必要になります。
ダウンロード及びインストールは、こちらからお願いします。