漢方毒舌小話 其の三「漢方薬には副作用がある?」

現代は「漢方薬にも副作用がある。」というのが、当たり前のように語られていますが、本来の正しい伝統漢方的使用方法を行えば、西洋薬のような副作用が出てくることは、ほとんどありません。(特定のアレルギーが出る方が居るようですが、これも本当は伝統漢方などでの体質改善が必要な方です。)
なぜなら、古くから「薬食同源(薬膳、医食同源)」と言われるように、本来の治療は食の中にあり、伝統漢方はそれを強化、応用したものに限りなく近いからです。

一部、細辛のように使用量に注意が必要な生薬はありますが、古くから中国の四川や雲南などの地方では毒性の有名なトリカブト属の塊根の子根である附子でさえ、毒性をとってたくさんの量を鍋料理に入れて日常食として食しています。
現在出ている副作用のほとんどは、治療を施す側の見立ての誤りからきているようです。
伝統漢方の思考回路がわからないと、例えば普通の医薬品での例を挙げると、胃が荒れて痛いというのに、「痛み」というだけで、痛み止めを連想し、胃に負担のある一般的な痛み止めの薬を選び、益々胃の痛みを酷くしたりするような処方を行ったりします。

最近、マスコミ情報で麻黄湯や抑肝散がもてはやされているようですが、伝統漢方理論に合わない使用法による副作用の追加が出る可能性が大変あります。
漢方は伝統漢方思想を理解できる方に処方をしてもらうべきでしょう。

例えば、癌などは自分の体の中に正常でない自分の細胞が出てきたのですから、本来は仲間だったはずの自分自身の一部が変わった物です。
これとたたかって勝つと言うのは何か矛盾を感じませんでしょうか?
自分の心とはたたかっても、病とたたかうのは如何なものでしょうか?

其々の治療法の違いを簡単に見ると・・・

西洋医学…菌を殺す。全滅させる(病気を全滅させる)。
病気とたたかう(病気と戦争する)。

東洋医学…邪を追い出す(出て行ってもらう)。
変化させる(病気も自分の一部と考え正常になってもらう)。
病気とたたかわない(身体の調和をとり病の原因をなくす)。

慢性病は、なんらかの意味があって発病しているのです。

たたかうことは、これを呪い憎むことを意味します。
「人を呪えば(憎めば)墓穴二つ」は「病を呪えば(憎めば)墓穴二つ」かも・・・・・。

易経や、日本武道の真髄として出てくる「神武不殺」は病の治療にも通ずるところがあるのかもしれません。